• HOME
  • ヨーロッパ文化のフラワーアレンジメント

フラワーアレンジメントの歴史

紀元前2000年〜3000年頃に地中海及びヨーロッパで発生したといわれているようです。古くエジプトでは、花を装飾品として使っておりテーブルの花や葬儀の埋葬の花、行列用などに使用しました。また 自分の身につけるためなどに用いられれていた事もあったようです。

ギリシア時代、ローマ時代になると、花は花瓶などに入れるのではなくリースやガーランドとして利用してきました。人はリースに永遠と再生という意味を込めて頭にかぶせたり首に巻いたりしていました。冠やガーランドは、勝負に勝ったものやリーダーに与えられました。また、花びらをふんだんに床やベッドに散りばめて使用したようです。

乳酸菌の情報サイトはこれ

イタリアンルネッサンス時代に、衰退していたフラワーアレンジメントが完全復活します。この時代には多くのフラワーアレンジの スタイルが考案され、ヨーロッパ中の広がりました。貴族の間では大理石や銅などのコンテナを使用した豪華なアレンジが好まれましたが、庶民の間ではシンプルなアレンジが好まれたようです。 当初のフラワーデザインの色使いはやさしく、 形はクラッシックだったようです。

近代の1890年代末にはアールヌーヴォーという装飾様式と共にフラワーアレンジメントがヨーロッパからアメリカへ広まりました。アレンジメントの方法も自然に生育している様な状態でシンプルにいける事が好まれました。アールヌーヴォーは日本の美術の影響を受けている部分があるようです。

 

ページの先頭へ