インテリア・フラワーアレンジのコツ

その時の気分や、生活のシチュエーションによってインテリアフラワーアレンジは様々です。前向きに行動したい時や元気に活動したい時は、生活を飾る花達を純色を選ぶようにすると良いようです。あまり、拘らずにシンプルにアレンジすることがコツのようです。

落ち着いた雰囲気で楽しみたい時には、桜や菊のような伝統を感じさせる種類の花をしようしたり、アイリスや百合など直線のイメージの強い花も良いようです。色のテーマは純色に少し黒を足した彩度の低い花色、茶色の枝なども上手に取り入れると落ち着いたイメージを表現することが出来ます。

優雅で気品のあるエレガントな雰囲気や、都会的な洗練されたイメージを演出したい時には、花色を少しクールな印象を与えるパステルカラーにするのが基本の様です。淡い紫、水色、淡い赤紫などを基本に色数を増やさないでアレンジすることが上品に仕上げるポイントのようです。1色を基本とした濃淡合わせや、白とパステルカラーの2色合わせ、色の対比はさせずに穏やかにアレンジすると良いようです。リシアンサス・イキシア・バラなどのような華やかで茎が細く華奢な花がエレガントスタイルの花です。あまり花を密集させずに風が通るような感じでアレンジするとクールな透明感を持たせることが出来るようです。

『オフィス家具 買取』をさがすならこちらが一押し
http://www.colt-co.net/office_brand.html

心が疲れていたり、癒されたい時などには、大らかで家庭的、可愛らしい少女の様な一面も感じられるフェミニンスタイルのアレンジ方法はホッとする安らぎを与えてくれます。フンワリと花びらの多い優しい形の花を選ぶことと、花色はとにかく甘いパステルカラーがテーマになります。ピンクから白(クリーム色)にかけての暖色系パステルカラーは基本の色になるようです。なるべく花を集めて丸っこくポテッとしたアレンジがコツになります。サイズはあまり大きくせずにこじんまりと小さくまとめるとキュートです。

いつもの自分を少し変えてみたい時や、刺激を生活にプラスしたい時には、クリエイティブな一風変わった独創的なアレンジで楽しんでみるのも良いですね!ユニークなアイディアと自分の感性で独自のアレンジするのですが…とは言え、ユニークな形や変わった色など兎に角個性的なほかの花とアレンジしにくい花を選んでみる勇気が必要なようです。アレンジは既成概念に囚われないアレンジで、野菜と花を組み合わせてみたり、コケを使用してみたり、ミスマッチを上手く利用していく方法になります。

 

ページの先頭へ