基本色の役割でイメージ無限大!

色の性格や視覚的効果、雰囲気やイメージなどを考えながら色合わせを出来るようになると一歩進んだアレンジをする事が出来ます。花色を効果的にアレンジできるよう色の役割を確認していく為の基本の色使いテクニックがあるようです!

賃貸住宅・賃貸アパートの物件検索サイト
ダイワリビングの賃貸

●クッションカラー…クッションカラーの役割は、使い方によって違っていて2通りあります。類似色合わせに入れる場合は似通った色の微妙な違いをクッションカラーによってはっきりと演出する役割になります。また、反対色の色合わせに入れる場合は、マッタク違う色の対比を和らげて全体を調和させる役割になります。

●アクセントカラー…アクセントカラーの役割は、視線を集める事です。それはアレンジされた花達のイメージをキュッと引き締めて強い印象を残すことが出来ます。特に、同系色合わせ、類似色合わせの場合は効果が大きくなります。少量のアクセントカラーを加える事がポイントで、多すぎる配色は効果が低くなります。

●反対色…1番インパクトが強い色合わせのアレンジ方法。中でも純色同士の反対色の組み合わせは最強です!反対色のアレンジを上手くまとめるポイントはどちらか一方の色味に比重を置くことで、割合は7:3もしくは8:2でアレンジするとまとめやすくなるようです。

●グリーン色使い…花ではなく葉っぱの使い方でアレンジに差が出てくるようです。葉っぱのグリーンや茎のグリーンは花の色に良く合う欠かせない色です。そのため花色にグリーンを添えると花自体が自然に輝いて見えてきます。グリーンの役割は花を引き立て、引き締める2つの役目を持っています。

●グラデーション…グラデーション色合わせは、何と言ってもとても自然な色の流れが表現できることが特徴です。濃淡の色の組み合わせは立体感を持たせる効果もあるようです。色によって雰囲気も変わってきますので、その違いを楽しむのも良いようです。

ヒアルロン酸の天然成分の効果などの情報サイト

 

ページの先頭へ