• HOME
  • 日本文化のいけばな

日本に何故いけばなが生まれたのか?

いけばなには、園芸ともフラワーデザインとも違う独特な性格を持っています。どうやって「いけばな」が日本に生まれていったのでしょうか?

一つには神への対応と言う意味でのいけばながあります。日本の神は八百万の神(多神教・自然崇拝・神道)が古くから息づいており、石や木や土・花ににも神が宿っていると考えられていて、西洋の神の考え方とは違っています。自然に神が宿っているので、神に囲まれて生きていると考えていました。たかが松の一枝でも心を込めて立てれば其処に神が宿ると考えていました。行事や祭などで神の「依代」として木や花を使用したようです。

このサイトなら亜鉛の成分情報などを知る事ができます。

「いけばな」は先祖への対応としても意味があります。年に一度のお盆の際に死者の霊を招き大いにおもてなしする際に最大のもてなしは花を供える事のようです。神を迎える時は常緑樹を用いますが、死者の霊を迎える場合はお花をお供えするようです。日本人にとって花は単に美しいだけではなく特別の神的色合いを添えているようです。また、仏教への対応があるようです。供花と言う、仏様(仏教の神)に花をお供えする行為です。

 

ページの先頭へ