花選びは身の回りを見直す

自然の草花がその時の季節を教えてくれます。例えば春になれば桜がいっぱいに咲きほこります。椿の木には赤い花が茂みいっぱいに咲き盛ります。公園などに咲いているタンポポの花、シロツメクサ等を自然の中から1本切取りじっと観察してみると枝ぶりや花ぶりが少しづつ知る事が出来るようです。

草花は美しさを見せる為や誇るために生きているのではなく自然の神の姿なので、花を私物として玩具にしたり、見下していじくり回したりしないほうが良いようです。私たちは、命の宿った草花達と一緒に生活する事で花によって癒されたり、従順に慰められたりします。

ヘスペリジンに興味をもったら見る情報紹介サイト

草花はその枝ぶり茎ぶり花ぶりなど様々ですが、平凡に見える月並みな一輪にも自然の中で生き延びてきた絶妙な屈曲など花々の歓びを感じて見るのもとても楽しいようです。

 

ページの先頭へ