いけばなの花形とは?

「いけばな」が相手にする草花は一つとして同じ枝ぶりや花つきのものは無く、一期一会の出会いです。それなのに、花形といういけかたが存在するのは何故でしょうか?花形に囚われる必要はありませんが、私達が目にしている「いけばな」には花形をもったもので、必要があるから生まれた便宜的な手法のようです。

基本花形は、真(しん)・副(そえ)・前(まえ)・後(うしろ)の四本の役枝と三本の根締で構成されています。いける技術や雰囲気、形体が変わっても構成の要素はかわりません。真と副の枝の力のバランスは長さだけではなく、太さ・枝つき・葉の量等色々な要素が絡んできます。

アスタキサンチンの情報サイトはこれ

真は全体の形の性格を決定付けます。長く伸びやかな姿のよい枝を選ぶ事と良いようです。あまりこんもりとした重い感じのものは避けたほうが良いようです。

糖化に興味をもったら見る情報紹介サイト

副は、真とは逆の方向、真の伸びを引き立てる為に真より短くて力強い安定したものを選ぶ事が大切です。全体の表情を豊かにする働きが求められているので、どちらかと言うとしっかりした枝を選ぶと良いようです。

前は真・副をつなぐ働きと、見る人のほうに迫っていく気分をつくりだす役枝ですので、しなやかで一癖ある動きのある枝を選ぶと良いようです。

後はあまり目立たない役枝です。しかしうまく使うことが出来ると奥行きが生まれ、表情が複雑になります。大切なのは前の枝と高くても低くても構わないので高さが同じにならない事です。後にはあっさりとした単純な枝を使用すると良いようです。

根締めには草花を使用するようです。剣山を隠す役割も持っていますが、全体の雰囲気をまとめる重要な要素です。

ローズに興味をもったら見る情報紹介サイト

 

ページの先頭へ