お茶人の花器選びに学ぶ

日本の茶人は客をもてなすに花を大切にしていて、その花探しに苦心したようです。花は仏前第一の毎日毎朝の不可欠の供物でさえあったものですから、その花をいける器の選び方は、調和を考えたようです。

花器選びは値段の高価な素晴らしい花器ではなくて、自由の目で探す事が大切の様です。誰にでもたやすく手に入れることが出来る、庶民に実用される器が茶人の創見による花の器だったりするようです。紐作りの少しゆがんだ粗悪の手工芸品に「うずくまる」としてみたり、「たびまくら」と呼ばれているような円筒の形の花器などもあります。名器と言われる物に囚われずに色々な素材や焼き物の器から自由に探す事が大切なようです。

毎日の健康のために有益な核酸情報がここにあります。

今の時代は昔とは比べ物にならない位の器の中から自由に選ぶ事ができます。故にいびつに作くられたガラス器や柄の入った心無い花器、風雅に見せかけた造作物等、まやかしの器も多く存在します。そのためにいい器が見落とされたりする事も少なくありません。昔の茶人達が器を庶民の生活の中から器を見つけ出したように、私達もいい器を吟味詮索して選び出せたら素敵ですね!

 

ページの先頭へ